“ハンマー殺害”大学生 同級生「暗い性格だが・・・」(2021年9月15日)

2021年09月15日 11時25分

 10日、佐賀県鳥栖市で、大塚千種さん(79)が殺害されているのが見つかった事件。13日、大分中央警察署に男が自首してきたことで、事件が動きました。

 自首してきた男:「女性の頭をハンマーで複数回殴った。とんでもないことをしてしまった」

 殺人の疑いで逮捕されたのは、長崎市に住む長崎大学薬学部4年の山口鴻志容疑者(25)です。

 持っていたリュックの中には、長さおよそ38センチ、金属部分およそ12センチのハンマーが入っていました。

 山口鴻志容疑者:「殺してしまうかもしれないと思ったが、殺意まではありませんでした」

 容疑を一部否認している山口容疑者。容疑者の自宅から現場までは、およそ120キロ離れていて、共同通信によりますと、2人に面識はなく、「殺せる人を探していた」という趣旨の供述をしているということです。

 山口容疑者を知る長崎大学の同じ学部の同級生は、「暗い性格だが、皆とコミュニケーションを取ろうと頑張っているイメージ」と話しているということです。

 警察は、犯行の動機や殺害に至った経緯などについて、詳しく調べています。
[テレ朝news]