ロシア1日あたりのコロナ死者が過去最多 プーチン氏接種呼びかけ

2021年10月14日 10時51分

 ロシアでは新型コロナウイルスによる一日の死者数が980人を超え、過去最多を更新するなど感染が再び急拡大しています。

 ロシアで13日に発表された新型コロナの新規感染者は2万8717人。死者は984人と、これまでで最も多くなっています。深刻化する感染再拡大を受け、プーチン大統領はワクチンの接種を加速するよう呼びかけました。

ロシア プーチン大統領
 「ワクチンの接種で重症化を防ぐことができる。我々がよく知っていることだ。接種のペースを加速させる必要がある」

 ロシアは世界で初めてワクチンを承認したものの、国民の間では不信感も根強く、接種を終えた人の割合は3割程度と欧米に比べて伸び悩んでいます。専門家の間では今後1か月以上、感染拡大が続くという見方も出ていて、プーチン政権は接種の遅れに危機感を強めています。(14日